【超おすすめ】橋下徹 著【異端のすすめ】

こんちは!

ゴッチャマンです!

 

ぼくがね、この店をやりはじめてから今年で13年になります

今が44歳なので31歳のときです

 

最初は勤めてた時の不自由さが嫌で嫌で仕方なく

「とにかく誰の指図も受けずに自分でやりたい!」って勢いだけで独立・・・

 

かなりの借金してやりはじめたんですけど、もちろん最初の2~3年は大赤字でした

 

家賃など諸々経費+月15万の借金返済が精一杯でして

奥さんに食べさせてもらってたような感じです(笑)

 

振り返ると、膝から崩れ落ちて心が折れる場面も多々あったように思いますが、

それでも辞めずにこれたのってなんでかな?と考えてみると・・・

 

そう、そもそも

前述であるように「誰の指図も受けずに仕事したい!」って思いがあったからです

 

と、言うことは勤めてた時とは違って指図を受けない「自由」があるかわりに

全部の「責任」が自分に課せられます

 

そんな状況が好きだったんでしょうね(笑)

 

モチベーションが下がったり、自分がなにやってるのか見失いそうな時

そんな時は「そもそも」に立ち返るのがいいのかもしれません

 

そして、信用がなかったぼくが

当初どんなことをしてお客さんを獲得していったかと言うと・・・

 

それは、とにかく「スピード」でした

・お客さまへの販売、修理、その他、出来るだけ早く対応

・いろんな会に出席しては名刺を配り、帰ってきてはすぐにご挨拶の手紙を書く

実績がないのでとにかく行動してた記憶があります

 

おかげさまで今ではぼくを信頼してくださる方もいて

ゆっくりと一人一人丁寧に接する時間を頂けてます

 

そしてこれからの仕事の在り方について考えていたところ

めちゃくちゃ良い本がありましたので、読者のみなさんにご紹介したいと思います!!

 



橋下 徹さんの『異端のすすめ』

以前に『実行力』も読んだのですが、それからもうファンです(笑)

 

行列のできる法律相談所に出てた時は「なんやこいつ」と思ってましたが・・・

 

いつも「この本はどんな人にお薦めかだろう?」って思いながら読むんですが、

これは【熱い人】絶対読んでおいてください(笑)

 

どこかの章で必ずヒントありますから!

 

created by Rinker
SBクリエイティブ
¥913
(2020/09/22 16:01:54時点 Amazon調べ-詳細)